ロマンあふれる神話・伝承を電子書籍で。Amazon Kindleで販売中

北欧神話で最強といわれる雷神トールとはどんな神なのか?徹底解説!

トールがミョルニョルをふりかざしている
ミョルニルをふりかざしているトール

北欧神話の中で「最強」の称号を意のままにしている雷神トール

ゲームやアニメで耳にしたことのある人も多いのではないでしょうか?

神々の黄昏『ラグナロク』を迎える北欧神話の中で、アイスランドやノルウェー、スウェーデンといった北欧に住まう古代の人々に、彼は一体どんな活躍をみせるのか。

その魅力を徹底的に紹介します!

なお北欧神話の全貌を把握したい方は、こちらの記事もどうぞ!

Thor's battle with the Ettins (Thor, the god of Norse mythology.)

【北欧神話のストーリー】ファンタジーの原点・ラグナロクに終わる壮大な物語

北欧神話、最強!神々や人間の守護者として、槌(ツチ)をふるう豪快な雷神

Thor's battle with the Ettins (Thor, the god of Norse mythology.)
ソー(トール)の戦い(Thor’s battle with the Ettins)

北欧神話の中で、トールは神々が住まうアースガルズで最も力の強い神とされています。

その姿は、赤髪で赤い髭をたくわえた、燃え盛る炎のような瞳をしていました。

主な武器は、ファンタジーを題材にした作品ならおなじみの槌「ミョルニル」と、腰には力の帯を意味する「メギンギョルズ」でさらにその力を増幅させ、槌を握る手には鉄の手袋を意味する「ヤールングレイプル」という籠手を身につけています。

腕力は凄まじく、北欧神話の中でもその雷神と呼ばれた豪快さを表現したエピソードがいくつも残されているほどです。

代表的なものを一つ紹介しましょう。

ある日、巨人にミョルニルを盗まれたトールは例のごとく大激怒。

盗んだ相手は「ミョルニルを返して欲しければ、代わりに美しい女神と結婚させろ!」とトールに要求したのですが、そんな姑息な手段さえも、きっと彼の怒りの火に油を注いだのでしょう。

なんと、彼は結婚を要求した女神に変装して、つまり女装して敵地へ赴き、一族もろとも根絶やしにした上で、ミョルニルを取り返しました。

他にも、短気で粗野な面があり、なにかにつけては彼の武器であるミョルニルを使って脅す場面も。

神々と対立していた巨人族にも恐れられていた気性の荒さは、頭の中に砥石が入っているからと言われています。(一説には火打石とも伝わっています)

「人間らしい」神だからこそ、農民からの信仰が厚く、木曜日(Thursday)の語源にも

大酒飲みであり、大食漢である豪快で時として激情に身を任せる雷神にも、意外な一面があります。

実は、嘘や謀りに弱いあまりに、同じく北欧神話で登場するロキにたびたび騙されたり、時には罠に嵌められることがあります。

Loki finds Gullveig's Heart(John Bauer, 1911)
ロキ (Loki finds Gullveig’s Heart, John Bauer, 1911)

そんな荒々しく、豪快で粗暴ばかりが目立つ雷神でありながら、どこか憎めない人間らしい印象を与えるトールは、当時の人々の目にとても魅力的な存在に映ったのでしょう。

雷神トールは農耕や天候を司る神であることもあり、特に農民階級の人々からは絶大な信仰が集まっており、北欧神話の主神オーディンに並ぶほどの人気を持っていた時代もありました。

8本脚の馬(スレイプニル)で天翔るオーディン(アーサー・ラッカム)
8本脚の馬(スレイプニル)で天翔るオーディン(アーサー・ラッカム)

その後、戦士階級の台頭もあり、今ではオーディンが北欧神話では目立つ存在にはなっていますが、現在でも、木曜日の語源はトールと同一だと言われており、雷神への信仰の深さの名残が感じられますね。

 

そんな雷神トールにも、北欧神話においてなくてはならない存在の宿敵がいます。

それは、世界の海の深くでぐるりと渦巻く大蛇のヨルムンガンドです。

彼はこの大蛇と何度も戦っており、最終戦争とも呼ばれる神々の黄昏「ラグナロク」でも彼の武器ミョルニルと共に激しい死闘を繰り広げます。

トールとヨルムンガンドの戦い(Emil Doepler,1905年)
トールとヨルムンガンドの戦い(Emil Doepler,1905年)

このように、トールは絶大な力をもって神々や人間の守護者として、その力をふるい続けてきたのですね。

まとめ 雷神トールは強さと人間らしさで愛されキャラの神!

いかがでしたでしょうか?

ファンタジーを題材にしたゲームでもたびたび登場する雷神トールは、雷の属性を持ち、ミョルニルから閃光を放ち、パワー重視なキャラクターといった描写が多く見られます。

性格や立ち振る舞いもわかりやすくはっきりとしているので、キャラクター性が高く物語上で動かしやすい神だからといえるでしょう。

また、そんな人間らしい神だからこそ北欧神話の中でも多く登場し、また当時の人々に多く信仰されていた理由でもあるのでしょう。

今も昔もトールの個性的な魅力に夢中だったのかもしれませんね。

この記事をシェア

ロマンあふれる神話・伝承を電子書籍で

ゲームや漫画、映画などエンタメ好きにも読んで欲しい編集部厳選の神話・伝承をAmazon kindleで販売中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です