ロマンあふれる神話・伝承を電子書籍で。

【円卓の騎士関係者】白い手のイゾルデ

アーサー王
  • 種別:円卓の騎士関係者
  • 親族関係:トリスタンの妻

金髪のイゾルデとは同名の別人。しかし金髪のイゾルデ同様にトリスタンの傷を癒し、彼と結ばれる。

金髪のイゾルデと瓜二つ「白い手のイゾルデ」

ランスロット同様「不倫の騎士」となってしまったトリスタンだが、ある時、戦いで傷を負ってしまう。

今度は、その傷を治せる女性がブルターニュにいる、ということを聞いたので、彼はブルターニュに渡った。

ここでトリスタンは、ブルターニュの王女「白い手のイゾルデ」に出会う。

白い手のイゾルデは、名前と治療の技術だけでなく、顔も金髪のイゾルデに似ていた。

そこでトリスタンは、金髪のイゾルデへの思いを断ち切るいい機会だと考え、白い手のイゾルデと結婚する。

金髪のイゾルデはこれを聞いて激怒する。

タイミングよくここに「不倫仲間」のグィネヴィア王妃なども出現し、金髪のイゾルデに「そのうちあなたの所に帰ってくるわよ」などといらんことを吹き込んだ。

マロリーの物語における「トリスタンとイゾルデ」のエピソードはおおむねこのあたりで終わり、最終的な結論(トリスタンと2人のイゾルデの死)までは書かれていない。

トリスタンは聖杯探索とほぼ同じ頃に、どこかで死んだことにされている。

マロリーが典拠とした書物には、最終的にトリスタンはマルク王の12人の配下の騎士に不倫の現場を押さえられ(どこかで聞いたような……)、逃亡した後マルク王自身の手にかかった、とされている。

ワーグナーの楽劇などのトリスタン物語では、マルク王に許されたトリスタンの元に、金髪のイゾルデが送られる。

嫉妬に駆られた白い手のイゾルデは、「金髪のイゾルデは来ない」とトリスタンに告げる。

トリスタンは絶望して死に、愛する人を失った金髪のイゾルデも後を追うことになる。

ちなみに、ワーグナーの楽劇においては、ここまで述べてきたトリスタン物語の各シーンが一度ばらばらにされ、時系列を変えた形で組み直されている。

この記事をシェア

ロマンあふれる神話・伝承を電子書籍で

ゲームや漫画、映画などエンタメ好きにも読んで欲しい編集部厳選の神話・伝承をAmazon kindleで販売中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です