ロマンあふれる神話・伝承を電子書籍で。

【円卓の騎士関係者】金髪のイゾルデ

トリスタンとイゾルデの様子を窺うマルク王
トリスタンとイゾルデの様子を窺うマルク王(『The End of The Song』、エドモンド・レイトン画)
  • 種別:円卓の騎士関係者
  • 親族関係:トリスタンの愛人

アイルランドの王女。トリスタンの傷を癒し、後に恋に落ちるが、その意に反してトリスタンの叔父マルク王に嫁がされる。

トリスタンの恋人「金髪のイゾルデ」

『トリスタンとイゾルデ』 (ジョン・ダンカン/画、1912)
『トリスタンとイゾルデ』 (ジョン・ダンカン/画、1912)

傷を治すためにアイルランドに潜入したトリスタンは、偽名を使って王宮に入り、イゾルデ王女に治療してもらう。

その間、トリスタンとイゾルデはかなり「イイ仲」になるが、やがてトリスタンがアイルランドの勇士マーハウスを倒した当人(トリスタンの剣の刃こぼれと、マーハウスの頭蓋骨の傷が一致してバレた)であることがわかり、アイルランドを追放される。

マルク王の元に戻ったトリスタンは、イゾルデがいかにいい女であったかを叔父に熱心に語る。

それにより、まだ見ぬイゾルデに恋してしまったマルク王は、「俺の嫁にするためにイゾルデを迎えに行ってこい」とトリスタンに命ずる。

ちょっと無茶なようだが、かつて戦った相手の王女を自分の妻に迎えることにより、関係修復の証とするのはよくある外交政策である。

トリスタンはアイルランドでは指名手配犯なので、そのままのこのこ行けば死刑であったが、運良く彼の船は遭難してブリテンに漂着する。

ここでトリスタンはアーサー王と合い、アーサーの仲介でアイルランド王と和解、イゾルデを叔父の妻にする話をまとめる。

トリスタン以外眼中にないイゾルデを無理に嫁がせても、破局するのは目に見えている、と考えたイゾルデの母は、娘と新しいその夫に飲ませるために媚薬を調合し、娘に持たせた。

だが、ほんのちょっとした間違いで、イゾルデはトリスタンとともにその媚薬を飲んでしまい、どうやっても消えない愛情で結ばれることになってしまったのだ。

船の中で媚薬を飲んでしまったトリスタンとイゾルデ
船の中で媚薬を飲んでしまったトリスタンとイゾルデ(『Tristan and Isolde』、ハーバート・ジェームズ・ドレイパー画)

かくして、トリスタンは運命のいたずらによって、主君で叔父でもある王の妻と相思相愛の恋人同士になってしまう。

トリスタンはそれでも自分を抑え、何とか主君のために尽くそうとするのだが、このあたりからランスロットがトリスタンの周囲にちょろちょろし始め、よかならぬことを焚きつける。

この記事をシェア

ロマンあふれる神話・伝承を電子書籍で

ゲームや漫画、映画などエンタメ好きにも読んで欲しい編集部厳選の神話・伝承をAmazon kindleで販売中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です