ロマンあふれる神話・伝承を電子書籍で。Amazon Kindleで販売中

【アーサーの一族】モードレッドの母親:モルゴース 

アーサー王
  • 類別:アーサーの一族
  • アーサーとの関係:義姉

アーサーとの間に罪の子モードレッドをもうけた女性。アーサーは姉とは知らなかったが、果たして彼女は?

欲望に流されやすい?モードレッドの母「モルゴース」

ティンタジェル侯ゴルロイスと妻イグレーヌとの間に生まれた3人の娘の長姉。

次女がエレインで、3女がモルガン・ル・フェイであるとされる。

ユーサーが父ゴルロイスに言いがかりをつけて殺し、母イグレーヌと結婚するのと同じ時に、モルゴースはオークニーのロト王の元に嫁にやられた。

要するに厄介払いされたのだ。

やがて生まれた弟アーサーは、約束によりマーリン経由でエクトルの元に送られたため、母を同じくする姉弟でありながら2人は顔を合わせていない。

その後モルゴースは、ガウェイン・アグラヴェイン・ガヘリス・ガレスの4人の息子(すべて円卓の騎士)を産む。

ただし、夫ロトはアーサーの王位継承を認めなかったため、統一戦争で討伐の対象となる。

戦いの最中、彼女は敵情をスパイするために4人の息子を連れてアーサーのもとを訪れる。

その美しさに魅了されたアーサーは一夜を共にすることを申し入れ、その結果モルゴースはモードレッドを身ごもることになる。

この時、ふたりはお互いが姉弟であることは知らなかったとされる。

父譲りのアーサーの年増趣味が、後の悲劇の原因となったのである。

ロト王は後にアーサー側に寝返ったノーサンバランドのペリノア王に殺される。

モルゴースは何故かそのペリノア王の息子であるラモラック(マロリーではパーシヴァルの兄)と恋仲になってしまい、「よりにもよって父の仇の一族に抱かれるとは」と激昂した息子ガヘリス(ガウェインだとする話もある)に殺されてしまう。

母イグレーヌは割と貞淑だったのだが、モルゴースは欲望に流されてしまうタイプだったらしい。

なお、彼女については妹モルガンとの混同もかなりあり、話によってはモードレッドを産んだのはモルゴースではなく、モルガンであったとするものもある。

この記事をシェア

ロマンあふれる神話・伝承を電子書籍で

ゲームや漫画、映画などエンタメ好きにも読んで欲しい編集部厳選の神話・伝承をAmazon kindleで格安販売中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です