ロマンあふれる神話・伝承を電子書籍で。

名作タロットカードを残した魔術師アレイスター・クロウリーとは

Aleister Crowley
Aleister Crowley

オカルト好きな人やタロット占いをする人で「アレイスター・クロウリー」の名を知らない人はいないでしょう。

彼は黒魔術師として有名で、その生涯に魔術に関するあらゆることを探究し、試行し、極めたと言われています。

人間として踏み込んではいけない領域まで冒し、「世界一邪悪な男」と言われたクロウリーとはどんな人物だったのでしょうか。

クロウリーはどうして魔術にのめりこんでいったのか

クロウリーはイギリスの厳格なキリスト教徒の家に生まれ、キリスト教の寄宿学校に入学しました。

しかし、その教義に反発して退学、以降、オカルトにのめり込んでいきました。

彼は若いうちに親の遺産を相続することになり、その後の人生は遺産で生活したと言われています。

自分のやりたいことを好きにできる環境があった、ということでしょうか。

その後、クロウリーは大学卒業前に魔法結社ゴールデンドーン(黄金の夜明け団)の人物と出会い、以降本格的に魔術の世界に入っていくことになります。

ゴールデンドーンとは、19世紀にイギリスで設立された秘密結社として有名ですね。

ちなみに、ゴールデンドーンには今でもポピュラーに使われている不朽の名作タロット「ウェイト版(ライダー版)」を作ったアーサー・エドワード・ウェイトも在籍していました。

魔法結社や魔術師たちとの出会い

クロウリーはゴールデンドーンで魔術の教義を学びました。

しかし、団の内紛に巻き込まれ脱退します。

一説では、クロウリーが団の教義に反することをして破門されたとも言われています。

クロウリーは団を脱退後、ヨガなどを学びながら世界中を旅しました。

エジプトでは霊的な存在に出会い、その声を聞いて「法の書」を書きました。

それは、キリスト教とは正反対とも言える「神の命令や道徳に縛られずに真の意思を実現する」というもので、クロウリーの聖書とも言うべき著書です。

独自の魔術を築いていったクロウリーは、性魔術を奥義に持つ結社、東方聖堂騎士団などと関わりを持ち、麻薬や性の儀式を行う魔法寺院を建てたりしました。

これが「邪悪な男」と言われるようになった理由でしょう。

名作「トート・タロット」が生まれた経緯

オカルト色の強い「トート・タロット」は、クロウリーがフリーダ・ハリスという女性の画家に描かせたものです。

しかし、最初からタロットカードとして作られたものではなく、クロウリー著の「トートの書」の中の挿絵として使われたものでした。

何と、タロットカードとして発行されたのはクロウリーの死後だったというのですから驚きです。

死後もクロウリーは魔術師として活躍していたのではないかと思わせるエピソードです。

まとめ

クロウリーは魔術師として一生涯魔術を探求したのですが、登山家としてヒマラヤのK2やカンチェンジュンガの登山隊に参加しています。

まったく別の顔も持っていたのです。

どんなことにも挑戦する「真の意思を実現」という、己の教義を貫いているようですね。

小説や漫画の登場人物のモデルになったり、音楽の中に登場したりと、今でも彼の魂は生きているのかもしれません。

タロットカードの例

タロットカードが謎めいている理由

A group of eunuchs. Mural from the tomb of the prince Zhanghuai, 706, Qianling, Shaanxi.

中国史の裏主人公?宦官とは何者なのか

この記事をシェア

ロマンあふれる神話・伝承を電子書籍で

ゲームや漫画、映画などエンタメ好きにも読んで欲しい編集部厳選の神話・伝承をAmazon kindleで販売中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です